ともに生きよう  ともに働こう  ともに学ぼう 伝わってゆくこの「いのち」を ここに記します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
川平
私は20歳の時に自転車で旅をした。

千葉を出て、大阪へ行き、石垣島で半年ホテルで働いて、ちょうど一年後に千葉の実家へ帰った。
大阪まで2週間かかった道のりを1時間の飛行機で帰ってきたとき、胸が空っぽになった。

自分の小ささ
科学の力
小さな一歩の確かな一歩
生きていること

実感した瞬間だった


大阪から沖縄へは船で行った。
本島まで2日
石垣島まで1日
長い船旅でした。
帰りも博多まで船だった。
途中で種子島や屋久島が見えた

数年後、両親とおばあちゃんで八重山旅行へいったときは飛行機であっというまだった

効率よい仕事の進行
時間を大切にすることと、
この国の大きさを実感する移動方法

中庸でいたい

大阪で、豊中から枚方の親戚の家まで淀川沿いを半日走って行ったことを思い出す

人類は小さな一歩でこの地球を隅から隅まで生きてきた
その結果が文化といえる
それを伝えたのは伝統だろう

その一歩の大きさを知り
より大きな一歩を目指し
最後には、自分がたっていた場所を知る

あちらこちらと探す必要はないのだ。
すべては、人の中に存在するのだ

もっともっと感じたい
みんなで働いた時にそれが感じられる
みんなが、かけがえのないひとりとして、共に働いた時に
スポンサーサイト
香取神宮

2009年の初詣はこのようなものでした。

千葉県香取市の香取神宮に家族と行きました。
多くの人が参拝にこられていて、境内で1時間ほど並びました。

香取神宮は
・皇紀18年(紀元前643)の創建
・平安時代 延喜式神名帳で神宮とされたのは伊勢、鹿島、香取の3つ
・全国の香取神社の総本山

多くの人が、初詣としてなんとなく並んでいるような様子だが、だれも途中で帰ろうとはしない。
理性ではなく、日本人の伝えてきた力と血から、この場に多くの人が集まっているのではないかと感じました。