ともに生きよう  ともに働こう  ともに学ぼう 伝わってゆくこの「いのち」を ここに記します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
和暦:平成21年3月4日 水曜日
旧暦:2月8日
二十四節気: 雨水(2/18~3/4) ◇雪氷がとけ雨水となる季節
月名(旧暦日):宵月
=================
《記念日・年中行事》
=================
旧暦:2月8日
・針供養
・御事始め - その年の農事等雑事を始める

2月8日と12月8日は針供養(はりくよう)の日。
使えなくなった針に感謝を込めて供養します。地方によって、どちらか一方の日に行うところも、両日とも行うところもあります。

折れたり、曲がったりして使えなくなった針を集め、豆腐やコンニャクなどの柔かいものに刺したり、紙に包むなどします。
それを神棚に供えたり、神社に納めて供養し、針仕事の上達を祈ります。

使える針もこの日は手にせず、女性は裁縫を休みました。
今では、一般の家庭では針供養どころか針を手にすること自体が少なくなっていますが、裁縫が女性のたしなみであった時代は、針供養は大切な行事でした。
=================
2月8日「御事始め(おことはじめ)」、12月8日は「御事納め(おことおさめ)」は節目として、針仕事を休む日とされていたそうです。
江戸時代には、12月8日を御事始め 2月8日御事納め とし、正月の準備を12月に始めて2月に納めるという考え方もあったようです。
しかし、本来の意義としては一年の農作業を始める日という意味で2月8日に初めて、12月8日に納めるということのようです。

針一本にも魂を感じ、敬い、日々生きる。
にほんのこころは、かくも美しく、素朴で、日々に生きているのですね。

今日もいのちをありがとう
スポンサーサイト
和暦:平成21年2月27日 金曜日
旧暦:2月3日
=================
《できごと》
=================
・2004年 - 立川反戦ビラ配布事件で三名を令状逮捕。
=================
立川反戦ビラ配布事件(たちかわはんせんビラはいふじけん)~
2004年1月から2月にかけて、反戦ビラ配布の目的で立川自衛隊官舎内に立ち入った3名が、住居侵
入罪の容疑で逮捕・起訴された事件。一審では無罪判決。検察が控訴し、控訴審では有罪判決。被
告人は即日上告したが、最高裁で棄却され東京高裁の有罪判決が確定した。
この事件では、ビラを配ることが犯罪とされてしまうののかという論議につながったようである。
双方の主張があり、司法の手にゆだねられた。
現場となったのは立川自衛隊官舎内である。
さて、私たちは自衛隊のことをどれだけ知っているでしょうか。
友人・家族に自衛隊員がいる人
自衛隊の参加するイベントに参加したことはある人
新入社員研修で体験入隊したことがある人
メディアで詳しく見たことがある人
さまざまだと思います。
しかし、みんなに共通していることがあります。
自衛隊の活動、存在により大きな影響を受けている日本という国に生きているということです。

たとえばイスラエルで生きていた人が、日本に移住したらそれを具体的に実感できるのではないでしょうか。
今日の日本では、日々いつでも他民族から攻撃されるかもしれないと考えて生活をすることはありません。

「人は決してひとりではなく、社会の一部である」
「社会のしあわせなしに、決して個人のしあわせはない」

賛成、反対、それは正反対の意見というだけでなく、同じ台の上に立っている仲間ともいえます。

自分とは関係ないと感じたときに、人の心は社会からも隣人からも離れてしまいます。
愛の反対は、無関心です。

今日もいのちをありがとう
和暦:平成21年2月26日 木曜日
旧暦:2月2日
=================
《できごと》
=================
・1936年 - 二・二六事件、内大臣齋藤實・大蔵大臣高橋是清ら殺害される。
・2003年 - 飛鳥時代の迎賓館跡とされる奈良県明日香村の石神遺跡から、元嘉暦に基づく具注暦を
記した木簡が発見される。
=================
《記念日・年中行事》
=================
・二・二六事件の日

=================
二・二六事件(ににろくじけん、にてんにろくじけん)~

大日本帝国陸軍内の派閥の一つである皇道派の影響を受けた一部青年将校ら(20歳代の隊付の大
尉から少尉が中心)は、かねてから「昭和維新・尊皇討奸」をスローガンに、武力を以て元老重臣を殺
害すれば、天皇親政が実現し、彼らが政治腐敗と考える政財界の様々な現象や、農村の困窮が収束すると考えていた。彼らは、この考えの下1936年(昭和11年)2月26日未明に決起し、近衛歩兵第3連隊、歩兵第1連隊、歩兵第3連隊、野戦重砲兵第7連隊らの部隊を指揮して

蹶起直後の半蔵門岡田啓介(内閣総理大臣)
鈴木貫太郎(侍従長)
斎藤実(内大臣)
高橋是清(大蔵大臣)
渡辺錠太郎(陸軍教育総監)
牧野伸顕(前内大臣)

の殺害を図り、斎藤内大臣、高橋蔵相、及び渡辺教育総監を殺害、また岡田総理も殺害と発表され
た(但し誤認)。
その上で、彼らは軍首脳を経由して昭和天皇に昭和維新を訴えた。しかし軍と政府は、彼らを「叛乱
軍」として武力鎮圧を決意し、包囲して投降を呼びかけた。反乱将校たちは下士官・兵を原隊に復帰
させ、一部は自決したが、大半の将校は投降して法廷闘争を図った。
近代日本にもこのような事件があったことを現代の日本人の私たちはどのように感じますか?
大きな事件が起こるときには、いつも共通していることがあるように思います。
それは、だれもが正しいことをしようとしているということだと思うのです。
どんなに世界に批判されるような事件でも、当事者はそれが正しいことだと信じて行っているのだと思
うのです。
戦争も、虐殺の呼ばれるような事件も、悪政も、
本人は正しいこと、正当なことと考えていると思うのです。

では、人はどのように生きるべきでしょうか?

何が正しくて、何が間違っているのでしょうか。
それらは、時代によっても変化することは、歴史が示しています。
ですから、このように思います。
行動は、結果のために行うのではなく、その時、その人、その場所に、与えられた役目をただ無私のこころで行うこと。
時には結果が期待されるものであるかもしれないし、まったく正反対になるかもしれない。
しかし、結果へのこだわりをもたず、ひたすらに専心するためには、いくつかの決して揺らがない信念が必要になります。

武士道の仁、
医者が人の命を救うこと、
年長者を敬うこと、
母、母国、母語を敬うこと
常に助け、決して傷つけないこと

結果はゆだねて、自分の務めをはたすこと
私のないこころで
そのように、私は生きたいと思うのです。

今日もいのちをありがとう
新暦:平成21年2月25日 水曜日
旧暦:2月1日
=================
《できごと》
=================
・927年(延長5年1月21日) - 藤原忠平が延喜式を奏進する。
・2006年 - 世界人口が65億人に達する。
=================
延喜式~

延喜式(えんぎしき)とは、平安時代中期に編纂された格式(律令の施行細則)で、三代格式の一つである。
三代格式のうちほぼ完全な形で残っているのは延喜式だけであり、かつ細かな事柄まで規定されていることから、古代史の研究では重要な文献となっている。

編纂経緯
905年(延喜5年)、醍醐天皇の命により藤原時平らが編纂を始め、時平の死後は藤原忠平が編纂に当たり、927年(延長5年)に一応完成した。その後も改訂が加えられ、40年後の967年(康保4年)より施行された。

巻次構成
全50巻、約3300条からなる。律令官制に従い、巻1~10の神祇官関係の式、 巻11~40の太政官八省関係の式、 巻41~49のその他の官司関係の式、
巻50の雑式の順となっている。

神祇官関係の式
巻8には祝詞が掲載されている。
巻9・10は神名帳(神社の一覧表)となっていて、祈年祭奉幣を受けるべき2861社の神社が記載されている。延喜式神名帳に記載のある神社を一般に式内社と言って社格の一つとされ、当時朝廷から重要視された神社であることを示している。現在では消滅したり不明となっている神社も多い。

日本の歴史を学んでいると、何度となくこの延喜式の名前を見ることとなる。
今から1100年前の日本の社会の詳細記録が現代まで残されていることを、想像よりも確固たる事実として受け止めたい。
今日から旧暦2月です。

今日もいのちをありがとう
和暦:平成21年2月22日 日曜日
旧暦:1月28日
=================
《できごと》
=================
・1467年(応仁元年1月18日) - 上御霊神社周辺で御霊合戦が起こり、応仁の乱が始まる。
・1819年 - アメリカがスペインより500万ドルでフロリダを購入。
・1989年 - 佐賀県の吉野ヶ里遺跡で弥生時代後期の国内最大規模の環濠集落を発見。

=================
《記念日・年中行事》
=================
・世界友情の日(国際友愛の日)
ボーイスカウト世界会議にて1963年制定、1965年から実施。

=================
佐賀県 吉野ヶ里遺跡~
紀元前400年ごろには、吉野ヶ里丘陵の中に集落が形成され始め、これが後に大規模な集落へと発展したと考えられている。

2400年前の日本の国はどのような風景だったでしょうか。
キリストが生まれるより前の時代の人々の町の跡が今でも見ることができるということは、想像を超える時間の継承であると思います。
人は伝わり、伝え、生きた証をこの大地に刻みつけ、時間の橋を渡っていきます。

今日もいのちをありがとう