ともに生きよう  ともに働こう  ともに学ぼう 伝わってゆくこの「いのち」を ここに記します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
譯・・繝医Φ繝阪Ν・狙convert_20090303003035

雛祭り

3月の巳の日は、巳の日の祓という禊ぎの儀式があり、桃の節句となったようです。
上巳の節句のはじまりは?

もともと「上巳」とは、陰暦3月の最初の巳(み)の日の事を指します。
中国では川のほとりに男女が集まり、災厄を祓う「上巳の祓い」という行事がおこなわれていました。
文人は川の上流から盃を流して、自分のところに流れ着くまでに詩を作るという曲水の宴を催したのです。
この上巳の祓いは、魏の時代には3月3日におこなわれるようになり、やがて日本でもこの日に曲水の宴を催すことになったということです。

日本では、古来、巳の日の祓いとして草や紙で「ひとがた」という人の形をつくり、災いを払うために川

や海に流していました。
やがて中世になると人形が現れ、平安時代宮中では「ひいな遊び」というお人形遊びが盛んになりました。
この「ひとがた」と「ひいな遊び」が自然に結びつき、今のひな祭りになったといわれます。

ひな祭りの移りかわり

「ひとがた」でけがれを祓う上巳の節句が、現在のような女の子のおまつりになったのは、近年になってからです。

室町時代の末頃から始まった3月3日のひな祭りは、戦国の世を経て平和が訪れた江戸時代に華麗な女の子のための行事となっていきます。
寛永六年(1629)京都の御所で盛大なひな祭りがおこなわれたのをきっかけに、幕府や大奥でもひな祭りをおこなうようにり、やがて武士階級から町人へ、江戸から地方へと広まってゆきました。

江戸時代の中ごろになると、女の子の誕生を祝って初節句にひな人形を飾る風習も生まれ、豪華なものも作られるようになってきました。
華美になりすぎるひな人形をいましめる幕府のおふれも再三にわたって出されるほどでした。

これらは古来、宮中の行事であったり、中国から伝わった伝説であったりしたものです。
それが長い歴史を経るうちに、地域の暮らしや風土にあったものへと姿を変えながら、現代の私たちに季節感を伝えてくれたり、暮らしのワンシーンをなごやかなものにしてくれたりするのです。

旧暦と五節句


節句(せっく)は、伝統的な年中行事を行う季節の節目となる日で日本の文化・風習のこと。節供(せっく)とも書く。
日本の風習と、中国大陸から伝わった暦が合わさって誕生した。
古くは節日(せちにち)といい、節日には朝廷において節会と呼ばれる宴会が開かれた。
日本の生活に合わせてアレンジされていくつもの節日が伝わっていたが、そのうちの5つを江戸時代に幕府が公的な行事・祝日として定めたのが節供である。

つまり、節句は旧暦にしたがって行われていたのだ。
旧暦3月3日ごろには、だいたい桃の花も咲いていたが、現在の3月3日には、まだ咲いていない。

また、二十四節句と五節句を混同してしまうことがあるが、二十四節句は地球が太陽の周りをまわる角度で決めるので、現在の暦に対応しやすい。立春はだいたい毎年2月4日ごろである。

暦と年中行事の全体的な知識がわかると、このあたりのことがすべてパズルのようにつながって感じられる気がする。
スポンサーサイト
karaken2_convert_20090303003833.jpg

お月さまにはいくつかの名前があります。

たとえです。
太郎くんは、学校ではタロッペと呼ばれ、家では太郎と呼ばれ、サッカー仲間からは韋駄天と呼ばれている。(足が速いから)
同じ太郎君にいろいろな意味の名づけ方があるのです。

同じように、お月様にもいろいろな名づけ方があります。
見え方、何日目の月か、いつごろ見える月か

下の表は、旧暦の日にちに対応する月の名前です。
旧暦で15日は満月、30日は新月です。


1 朔
2 二日月
3 既朔
4 三日月
5 眉月
6 上弦の月
7 弓張月
1-7 夕月
9 九夜月
13 十三夜月
14 小望月
14 宵待月
14-22 宵月
15 十五夜
15 望月
16 十六夜月
17 立待月
18 居待月
19 寝待月
20 更待月
23 下弦の月
23 弓張月
26 二十六夜月
26 眉月
23-28 有明月
29-30 暁月
30 晦日月

以下、「こよみのページ」より引用
http://koyomi8.com/directjp.cgi?http://koyomi8.com/reki_doc/doc_0203.htm

新月(しんげつ)
1日頃 朔のこと。月が見えない時期のため、昔は三日月から逆に遡って、朔の日付を求めた。新月の呼び名は英語の「New Moon」からだそうなので、そんなに古い呼び名ではないみたい。

繊月(せんげつ)
2日頃 二日月(ふつかづき)とも言う。日没後1時間前後のまだ明るい空に、繊維の様に細い月が見えることがある。

三日月(みかづき)
3日頃 通常、新月後最初に出る月であったので、「朏(みかづき・ひ)」という文字で表されることもある。三日月には異称が多く、初月(ういづき)・若月(わかづき)・眉月(まゆづき)など(・・他多数)とも呼ばれる。異称の多くは最初に見える月だということや、その形からの連想ですね。もっとも印象深い月かもしれません。

上弦の月(じょうげんのつき)
7日頃 夕方西の空に見え、西側が明るく輝いている。夕方の空にかかる姿を弓の形になぞらえると、弦を張った側(欠けぎわの側)が上に見えるからこの名前

十日夜の月(とおかんやのつき)
10日頃 上弦の月より幾分ぷっくりとふくらんだ月。旧暦の十月の十日には、「十日夜」と呼ばれる行事があり、観月の慣習もあった。

十三夜月(じゅうさんやづき)
13日頃 古来、満月に次いで美しい月とされたらしく、月見の宴などが行われていたようです。美しさについては個人の好みの問題だ。

小望月(こもちづき)
14日頃 満月(望月)の前夜。幾望(きぼう)ともいう。幾は「近い」の意味だそうだ。

満月(まんげつ)
15日頃 異称として、望月(もちづき)・十五夜(じゅうごや)などがある。満月も英語の「Full Moon」から。
市民天文台などでは、満月に「観望会」など開いて望遠鏡で月を覗くが、望遠鏡で見るには「最低の月」。お月見は肉眼でしましょう。

十六夜(いざよい)
16日頃 他に、既望(きぼう)・不知夜月(いざよいづき)などともいう。既望は望月を過ぎた月、不知夜月は一晩中月が出ているので「夜を知らない」の意か。「いざよい」はためらうという意味のある「いさよう」から出たとか。望月より月の出が遅れるのでそれを「月の出をためらう月」と考えたのか。

立待月(たちまちづき)
17日頃 夕方、月の出を「いまかいまかと立って待つうちに月が出る」くらいの月。月の出は日没からだいたい1時間40分後なので、あんまり早くから待つと疲れるぞ。

居待月(いまちづき)
18日頃 居は「座る」の意味で、立って待つには長すぎるので「座って月の出を待つ月」。座ってても疲れるかも。

寝待月(ねまちづき)
19日頃 別名、臥待月(ふしまちづき)。いずれにしても横になって待たないとならないくらい月の出は遅い。横になっているうちに熟睡してしまうと夢の中の月見となるので注意。。

更待月(ふけまちづき)
20日頃 夜更けに昇るのでこの名前。だいたい午後10時頃に月の出となる。

下弦の月(かげんのつき)
23日頃 月を弓に見立てての名前。だが暗いうち(東の空から昇るとき)に見える月の弦は下にはならないので誤解の無いように。古くは二十三夜講などの風習があった(※異説)。

有明月(ありあけづき)
26日頃 夜明けの空(有明の空)に昇る月。本来は十六夜以降の月の総称。この時期に限定すれば「暁月」の方が正確か。古くは二十六夜講などの風習があった。

三十日月(みそかづき)
30日頃 新月頃。30日なので「みそか」。月末を「晦日(みそか)」というのはこのため。また「晦日(つごもり)」ともいう(大晦日を「おおつごもり」なんていいますね)。ちなみに「つごもり」は「つきこもり」が転じたもので、月が姿を見せないのでこう呼ばれた。


名前と文化

それぞれの文化で大切なものには詳しく分類する名前がつきます。

乳製品、食肉、農耕用など牛と関係が深い欧米の言語には、牛をあらわす言葉が多く、
四季の変化が豊かで、稲作に大切な要因となる雨について、日本語では多くの言葉があるそうです。

上記の表を見てわかるとおり、日本語にはこれほどの月の名前があります。
それは、そこに重要な意味を持たせている文化であるということでしょう。

月の名前を忘れてしまったら、月に対する想いの深さも失われてしまうのではないでしょうか。
月 という一言で足りると感じるようになってしまったら・・

逆に、多くの月の名前を覚え、呼びかけることで、そこに生きている日本のいのちを感じ、受け継ぐことができるのではないかと思ったのです。
厠
先日、ニュースが耳にはいりました。

神奈川の小学校で、数十年ぶりにトイレ掃除が復活するとのこと
私にとっての一番の驚きは、トイレ掃除を学校が外注していたこでした。

偶然見つけたHPより抜粋
伝統的な家屋構造において厠(かわや)はまた象徴的にも独特な位置が与えられていた。
便所に用を足すことを「観音様さ行く」「高野へ参る」と表現された。
むろん今でも「お手洗いに」と言い換えられるが、厠を“聖なる所”と読み変えていることに注意しよう。実際、そこには厠神あるいは便所神がおわしましたのだ。