ともに生きよう  ともに働こう  ともに学ぼう 伝わってゆくこの「いのち」を ここに記します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
辛い表情をしていたと、気遣いの言葉をいただいたとき

十代のころはうれしく思った。
二十代のころは、恥ずかしく思った
三十代になって反省した。

助けを素直に求めることができることと、
つらいことを顔にあらわすことは異なるように思ったのです。

////////////////////////////////////

「雨ニモマケズ」

宮沢賢治

雨ニモマケズ 風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ丈夫ナカラダヲモチ
欲ハナク 決シテ瞋ラズ イツモシズカニワラッテイル
一日ニ玄米四合ト 味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノ蔭ノ 小サナ萱ブキノ小屋ニイテ
東ニ病気ノコドモアレバ 行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ 行ッテソノ稲ノ束ヲ負イ
南ニ死ニソウナ人アレバ 行ッテコワガラナクテモイイトイイ
北ニケンカヤソショウガアレバツマラナイカラヤメロトイイ
ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ クニモサレズ
ソウイウモノニ ワタシハナリタイ

////////////////////////////////////

苦しみを、贈り物として、両手で受け取り、
辛いときには、感情を周りに振りまかないように
助けをもとめるべきときは、静かな笑顔でいられるように

そんなふうでありたいと思うのです。

スポンサーサイト