ともに生きよう  ともに働こう  ともに学ぼう 伝わってゆくこの「いのち」を ここに記します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
和暦:平成21年2月21日 土曜日
旧暦:1月27日
=================
《できごと》
=================
・901年(昌泰4年1月25日)- 菅原道真が大宰権帥に左遷。
・1952年 - 「言語殉教者の日」。東パキスタン(現在のバングラデシュ)でベンガル語運動家と軍隊が衝突。
=================
《記念日・年中行事》
=================
・国際母語デー/インターナショナルマザーランゲージデー
・国際連合教育科学文化機関(UNESCO)が言語殉教者の日にちなんで1999年に制定した国際デーのひとつ。
=================
国際母語デー ~

国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)が1999年11月17日に制定した。言語と文化の多様性、多言語の使用、そしてそれぞれの母語を尊重することを推進することを目的とする。

1952年のこの日、当時はパキスタンの一部だったバングラデシュのダッカで、ベンガル語を公用語として認めるように求めるデモ隊に警官隊が発砲し、4人の死者が出たことに因むものである。バングラデシュでは、独立運動の中の重要な事件の一つとしてこの日を「言語運動記念日」としていた。

日本は単一民族、単一言語の国家であると言われる。
一方で方言はバラエティに富んでいる。
しかし最も気づかず、最も大きな違いは時代ではないだろうか。

70年前、戦争中の日本語、
200年前、江戸時代の日本語、
1200前、平安時代の日本語、

平成の若い世代が理解できる日本語は、どこまでだろうか
平成の若い世代が読むことができる日本語は、どこまでだろうか

私たちは日本語を受け継いでいるのだろうか
現代話されている日本語は、戦後からの日本語をベースに平成の会話調のイントネーションと名詞、語尾によるものではないかと思ったのです。

20年前の文学作品を読むだけで、今とは違う日本語のように聞こえる。

私たちのいのちは、先祖から伝えられ、伝えていくものです。
文化も習慣も、伝統も、すべて伝えていくことと変化していくことを同時に行うことが、生きている証だと思うのです。

国際母語デーの今日、私たちのことばにどのようないのちが生きているのか、感じ取りたいと願います。

今日もいのちをありがとう
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haiarigato.blog73.fc2.com/tb.php/21-eaef0c79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック