ともに生きよう  ともに働こう  ともに学ぼう 伝わってゆくこの「いのち」を ここに記します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
譯・・繝医Φ繝阪Ν・狙convert_20090303003035

雛祭り

3月の巳の日は、巳の日の祓という禊ぎの儀式があり、桃の節句となったようです。
上巳の節句のはじまりは?

もともと「上巳」とは、陰暦3月の最初の巳(み)の日の事を指します。
中国では川のほとりに男女が集まり、災厄を祓う「上巳の祓い」という行事がおこなわれていました。
文人は川の上流から盃を流して、自分のところに流れ着くまでに詩を作るという曲水の宴を催したのです。
この上巳の祓いは、魏の時代には3月3日におこなわれるようになり、やがて日本でもこの日に曲水の宴を催すことになったということです。

日本では、古来、巳の日の祓いとして草や紙で「ひとがた」という人の形をつくり、災いを払うために川

や海に流していました。
やがて中世になると人形が現れ、平安時代宮中では「ひいな遊び」というお人形遊びが盛んになりました。
この「ひとがた」と「ひいな遊び」が自然に結びつき、今のひな祭りになったといわれます。

ひな祭りの移りかわり

「ひとがた」でけがれを祓う上巳の節句が、現在のような女の子のおまつりになったのは、近年になってからです。

室町時代の末頃から始まった3月3日のひな祭りは、戦国の世を経て平和が訪れた江戸時代に華麗な女の子のための行事となっていきます。
寛永六年(1629)京都の御所で盛大なひな祭りがおこなわれたのをきっかけに、幕府や大奥でもひな祭りをおこなうようにり、やがて武士階級から町人へ、江戸から地方へと広まってゆきました。

江戸時代の中ごろになると、女の子の誕生を祝って初節句にひな人形を飾る風習も生まれ、豪華なものも作られるようになってきました。
華美になりすぎるひな人形をいましめる幕府のおふれも再三にわたって出されるほどでした。

これらは古来、宮中の行事であったり、中国から伝わった伝説であったりしたものです。
それが長い歴史を経るうちに、地域の暮らしや風土にあったものへと姿を変えながら、現代の私たちに季節感を伝えてくれたり、暮らしのワンシーンをなごやかなものにしてくれたりするのです。

旧暦と五節句


節句(せっく)は、伝統的な年中行事を行う季節の節目となる日で日本の文化・風習のこと。節供(せっく)とも書く。
日本の風習と、中国大陸から伝わった暦が合わさって誕生した。
古くは節日(せちにち)といい、節日には朝廷において節会と呼ばれる宴会が開かれた。
日本の生活に合わせてアレンジされていくつもの節日が伝わっていたが、そのうちの5つを江戸時代に幕府が公的な行事・祝日として定めたのが節供である。

つまり、節句は旧暦にしたがって行われていたのだ。
旧暦3月3日ごろには、だいたい桃の花も咲いていたが、現在の3月3日には、まだ咲いていない。

また、二十四節句と五節句を混同してしまうことがあるが、二十四節句は地球が太陽の周りをまわる角度で決めるので、現在の暦に対応しやすい。立春はだいたい毎年2月4日ごろである。

暦と年中行事の全体的な知識がわかると、このあたりのことがすべてパズルのようにつながって感じられる気がする。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haiarigato.blog73.fc2.com/tb.php/28-20b8bd8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック