ともに生きよう  ともに働こう  ともに学ぼう 伝わってゆくこの「いのち」を ここに記します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シエスタ(前回参照:昼寝)は、ラテン系の国々では長い歴史を持っている文化だそうです。
昼過ぎには、レストランも閉まり、みんなお昼寝。だからみんな陽気で、結構効率よく集中して働いています。

「ゴールデンタイム」
睡眠あけの一番集中できる時間(輝かしい黄金の時間)


前回まで睡眠について連載してしまいました。
こんな長くなる予定はなかったのですが。。

今回は実際にこんな可能性があるという一日のパターンです。

23時 就寝
3時半 起床(4時間半睡眠)
ゴールデンタイム(勉強、趣味、語学など)
7時 二度寝
7時半起床
8時 出社
12時 昼食
12時30分 昼寝
13時 仕事
ゴールデンタイム(昼過ぎも眠くならない効率的な仕事)
17時 仕事の移動中電車で昼寝
17時半 帰社
ゴールデンタイム(残業がのこらない効率的な仕事)
20時 退社
21時 帰宅
23時 就寝

あくまで一例としてみてくださいね。
でも、今まで寝ていた夜明けの時間・・・静かで、だれにも邪魔されない、携帯電話もならない3時間半が手に入ったらみなさんは何をするか考えてみてください。
・・・期待に胸があふれてきませんか?

ゴールデンタイムは3回!
睡眠時間はトータル約6時間 決して少なくないですよね。
そう考えれば朝起きるときも「4時間半しか・・・」でなく、「4時間半で起きられた!昼寝までがんばろう!」に変わるのです。

睡眠がゴールデンタイムを生み出すかけがえのない時間としてポジティブになります。
機械も18時間休みなく動かすのと、6時間に30分休ませるのと、どちらが長持ちしますか?

睡眠時間を敵のように感じて減らすのではなく、
睡眠はかけがえのないものとして感謝し、楽しみにそれを味わうのです。

そうすれば、体という機械をいたわり、ゴールデンタイムを最有効活用し、心と体の両方がストレスなく生きることができると思うのです。

*ゴールデンタイムは夕食後のテレビじゃないですよ~~(笑)

お勧め本
いい睡眠は、いい人生をつくる―分割熟眠で「頭脳」も「体」も健康になる (知的生きかた文庫)
斉藤 英治 (著)






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haiarigato.blog73.fc2.com/tb.php/33-4a3e4bdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック