ともに生きよう  ともに働こう  ともに学ぼう 伝わってゆくこの「いのち」を ここに記します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「植物」 「茶色」 と聞いて皆さんは何月をイメージしますか?

11月秋も深まったころでしょうか?
私は今月この考えが変わることとなりました。
6月を思い浮かべることになったのです。


私は田園風景の中で毎日生活したことがありませんでした。
旅行に行けば、そのような風景に出会うことはありますが、毎日少しずつ変化していく田園風景を体験したことがありませんでした。
しかし、今年はひょんなことから毎日田園風景の中を歩くことができるようになったのです。

毎日、少しずつ変化していく風景を観察しながら、自然豊かな風景を肌で味わうことができました。
そして田植えの準備が進んでいた春先ころ、田んぼのわきに、声をあげてしまうほど密集したペンペン草(なずな)の森(!)がありました。

ふわふわのその葉に抱かれて泳ぎ回りたくなるような草の森でした。


この写真を見てください。
6月の梅雨の合間の天気の良い日に撮った写真です。

090622_1322~01_convert_20090625205835



茶色く映っている場所は、まさにぺんぺん草やいろいろな田んぼの草が生えていた場所です。
青々しい稲穂とは対照的に、まさに枯草です。
美しいまでに立ち枯れているぺんぺん草は、いのちが灰に変わっていく真理を感じさせました。

「植物」 「茶色」 が、11月から6月に変わった私の忘れられない夏になりました。

この経験をより深く心に刻み込んだのは、日本の季節を表す七十二候のひとつでした。



七十二候(しちじゅうにこう)とは、古代中国で考案された季節を表す方式のひとつ。二十四節気をさらに約5日ずつの3つに分けた期間のこと。
各七十二候の名称は、気象の動きや動植物の変化を知らせる短文になっている。中には、「野鶏入水為蜃」(キジが海に入って大ハマグリになる)のような実際にはあり得ない事柄も含まれている。

七十二候:乃東枯(ないとう かるる) 夏枯草が枯れる(日本)
2009年は 6/21~6/25ごろ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haiarigato.blog73.fc2.com/tb.php/42-5f83653c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック